読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたかたの日々と夢うつつ

濡れた草の中の 青い小さな花 それはあなた それはあなた それはあなた

初めてのマンモトーム生検

日常

  マンモトーム生検を受けてきました。ネットではいろいろみましたが、周りの人に聞いた話ではバチッと音がするらしい。というのが唯一の情報。しかも又聞き。たぶん、針を入れる時かなあと思いながら、病院に行きました。

 病院に行き、上下検査着に着替える。上衣は下着を外して、下はズボンをはき替える。靴下も脱いでスリッパに替えました。で、待つ。結構、待ち時間が有ったので、色々なパンフレットを見たり、技師さんの資格をみていました。マンモ専門の技師さんの資格もあるんですね。小さい病院だけど、乳腺外来だしよかったなあと思いました。

 生検をやる部屋は、以前マンモグラフィーを撮った部屋で、座っての検査でした。うつ伏せになってするタイプもあって、うつ伏せの方が精神的にいいそうですが、設備上のことは仕方ないです。実際に、気分が悪くなる人もいるそうです。採血でも気分が悪くなる人がいるので、自分のおっぱいに針が刺さるなんて考えただけでも、ダメな人はダメだと思います。しかも、4ミリの針って。実際、測ってみると結構太いですよね。

 検査室に入ると、生検する方の袖を脱いでその上からビニールの割烹着タイプのエプロンを付けます。そして、生検する方の乳房が出るようにビニールのエプロンを切ります。それから、キャスター付きの高めの椅子に座ります。

 次は、針を刺す場所決めです。石灰化しているところの組織を採れるように、確実に針を刺さなきゃいけないので重要です。なので、乳房を挟んでレントゲンを撮ってを繰り返して場所を決めていきます。マンモくらい、薄く挟めればいいんだけど、あんまり薄くすると"針が突き抜けてしまいますよ"という警告が画面に出るそうです。また、局所麻酔を打つことで、なかの組織が動くこともあり、それを見越して局所麻酔を打つそうです。そのため、先生と技師さんの間では、何ミリ下とか、さっきの方がよく見えてとかいろいろやりとりがありました。局所麻酔は全然痛くありませんでした。歯医者で歯を抜く時の方が痛かったです。

 私も動かないでいるんですけど、やっぱり無意識に動いているんですね。やっぱり、ずれていってしまうんです。顔をこちらに向けて下さいと言われてその通りにしているんだけど、力が入って肩や首が痛くなってくるし。

 さあ、いよいよ針が入りますよ。って時は看護師さんが耳を押さえてくれました。思ったほど、大きい音ではありませんでした。その後は、たぶん組織を吸引している音だと思うんだけど、キュルキュルって音が何度かしました。私は、見たかったんですけど、違う方を向いていなければいけなかったので出来ませんでした。終わった時に、見たら乳房の上の方から血が一筋流れていました。

 終わった後は、先生に止血のために穿刺部位を押さえてもらいながら、椅子を降りてレントゲン台に行き、横になりました。この辺が、慌ただしかったです。そして、一枚レントゲンを撮り(なんのレントゲンだったんだろう)止血が看護師さんにかわりました。乳房は血がとまりにくいそうです。 10分くらい圧迫止血をしてもらって、ガーゼ、タオルを当て、バストバンドを巻いて終了。

 検査室を出たら、首がごっきて鳴りました。絶対、うつ伏せでやった方が楽だと思いました。鎮静剤と抗生剤をもらって帰宅。1日目は終了です。

 翌日、バストバンドとタオルをを外してもらい、パット付きのフィルムを貼ってもらって終了。もう、お風呂に入って良いですよ。との事でした。

 

以上が私のマンモトーム生検の体験です。